スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2015.06.22 Monday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    タベルナ「楽Laku」

    0
       
      さてさて、先日のオープニングパーティーも無事終わり、現在ロシオ広場のイベント会場では、週末だけの、「週末タベルナ楽」を営業しております。

      ランチの営業時間は12時から15時まで。
      そしてカフェエリアは終日11時から19時まで営業です。

      今週のランチメニューは

      楽特製豚の角煮定食。



      こちらは角煮にちょっとポルトガルらしく赤ワインをほのかに感じる、懐かしくて上品な角煮。日替わりでサーモンの刺身などの副菜と味噌汁、御飯がつきます。

      そして、鮭丼定食。



      鮭の漬け丼に、これも副菜とお味噌汁がつきます。

      お値段はこのセットで12ユーロ。
      純粋な和をポルトガルの素敵な食堂で体験していただけること間違いなしです。




      この他に、カフェとしては煎茶のお茶ケーキセットや3色あんみつなどもありますよ〜。


      たった1ヶ月間だけ営業のタベルナです。皆さんどうぞお越し下さい!



      和食とファドに酔いしれる夕べ

      0
         
        最近本当にあっという間に時間が過ぎます。
        少し前に体調を壊しまして、まだまだ胃の調子が悪くてなかなか御飯がきちんと食べれない、、。がっつり食べて元気になりたいのに、自分の体調が腹立たしくなります。

        先日行ったイベント、Laku para La Hora Espanola(スペインバルで和食タパス)、大成功でした♪ その夜は福田雄一氏の絵画展と、津森久美子さんによる日本舞踊とファドのコンサートも行われ、本当に和づくしなアートな夜!

        今回の「楽」のお料理は、タパスとして串揚げの他、すくい豆富や豚の角煮、鶏和風ロースなどなどの盛り合わせ、そしてお寿司は和風牛ロースの棒寿司や柑橘系でしめた鯵の押し寿司、ピリ辛韓国風裏巻きなどなど、他の寿司屋ではちょっと食べられないものばかり。






        そしてはやり皆ががとっても楽しみにしていたのは、久美子さんによる日本舞踊とファド!
        日本舞踊からスタートです。その静でゆるりとした彼女の踊りと音楽が醸し出す雰囲気に皆うっとり。



        きっと日本舞踊を見たのは始めてのお客様ばかりだったのではないでしょうか。(ちなみにこの日はスペイン人とポルトガル人のお客様が大半でした。)

        そして第2部では彼女が着物を着てファドを弾き語り。



        日本人がファドを歌う、ということで皆とても興味津々でこの時を待っていたようですが、彼女が歌いだすとこのように誰もがすっかりその素敵な歌声に聴き入っています。

        最後の1曲に日本の「ふるさと」を歌われたのですが、それが私たち日本人スタッフは本当にジーンときました。やっぱり生まれ育った場所に馴染んだ曲というものは、普段聞かない音楽であっても懐かしい気持ちにさせてくれます。

        そして、この日は毎回ながら、雄一氏の絵もまたまた売れました!この絵は実はとても人気な作品で、すでに数人から問い合わせなどが殺到していたのです。着物を着た女性がちょっとノスタルジックに描かれたアルファマに現れるという、とてもエキゾチックな絵画。
        お買い上げになったカップルは、知的で素敵な新婚カップル。新しい自分たちの家に置く絵にこれが一番ぴったりだと気に入られたようです。



        実はこの夜、リスボンを後にしてスペインに戻るというフラメンコダンサーのショーまであったのです!これはちょっとしたバルからのサプライズ。久美子さんのゆるりとした静な日本の美とスペインの情熱的で動な美。とても対照的で素晴らしいコントラストでした。





        次はいよいよ150周年イベントのオープニングパーティーです!
        どんな夜になるのかとても楽しみです。









        スペインバルで和風タパスとファド

        0
          JUGEMテーマ:イベント情報

          すっかり急に冷え込んでいますねー。先日もタクシーの運転手さんと、「冷え込んだけど、少なくとも天気はよくなったね。」ていう会話をしたところです。

          最近は、気がついたらキッチンにいるよりも色々飛び回ったり人とああじゃない、こうじゃないとやりとりしている時間の方がもしかして長い?という毎日です。

          今日の失敗談ですが、リスボン郊外でミーティングを終わらせた後、明日の仕込みようの買い出しをしているうちに、その後の新聞社の取材のことをすっかり忘れていた!ハッとしていそいで少し遅刻して待ち合わせの場所に到着してしまいました。。反省です。。

          そして、今日は面白いイベントのお知らせです♪

          2月5日金曜日に、リスボンSantosにあるスペインバル、La Hora Espanola(ラ・オラ・エスパニョーラ)で和風タパスの夜を行います。そう、以前行ったスペインバルでのイベントの第2弾です!

          今回は福田雄一氏の絵画展覧はもちろんのこと、(いい絵がまたまた色々ありますよー。)津森久美子さんによる日本舞踊を踊っていただくほか、なんと着物でファドを歌っていただきます!

          和風タパスもさらにパワーアップ!本格和食をタパススタイルでお召し上がりいただくほか、バルと「楽」のコラボオリジナルメニューも登場します。そしてそして、梅酒サングリアなんかもありますよ〜。

          料金は、タパス、日本舞踊、ファドコンサート、ドリンク全て込みで30ユーロです。

          事前予約が必要になりますので、下記のアドレスまでご連絡をよろしくお願いします。

          yukolisboa@gmail.com

          どしどしご予約をお待ちしております!







           

          サーモンづくしのワークショップ

          0
             
            現在150周年イベントのフライヤーも完成し、スポンサー会社の持っている店舗で続々とキャッシュカウンターに置かれ始めてます♪

            そして、引き続き人気の「楽」のワークショップ!

            先週末は、ちょっといつもと趣向を変えて、日本の寿司以外の食文化の紹介です。

            メニューは、「ザ・サーモンづくし」!

            とにかくポルトガル人が大好きなサーモンで、色んな日本食が寿司以外でも作れるんだよ、という教室です。

            メニューは、サーモン1匹解体Show!
                              サーモンのサクの取り方&刺身の切り方
                  鮭と野菜のチャンチャン焼き
                  鮭炊き込みご飯
                  みそ汁

            と、超豪華な内容でした。これは生徒の皆さんもずっと釘付けです。口を開けてご覧になっていました。

            サーモンの解体は、皆「そんな風にするんだ。そんなところに骨があるんだ。」と感心しつづけていました。そして、刺身の他にすごく人気だったのは、やっぱりチャンチャン焼き。味噌とバターの絶妙なハーモニーは皆絶賛です!



            メモを紙の裏面に行くほど熱心に書きまくっている生徒たち。



            刺身とツマの作り方。



            炙りサーモンのカルパッチョ

            皆お腹も頭の中もいっぱいで帰って行きました♪



            ちなみにこの内容は、イベント中の週末行われるワークショップでも行います!
            みなさんも良かったら参加してくださいねー。



                  

            「楽』LAKU 誕生!

            0
              JUGEMテーマ:海外で作る手作り料理 和食 

              ちょっとした発表がございます。

              実はちょっと前から色々準備というか、助走を始めていたのですが、とても好調に走り出しているので発表しようと思います。

              今年から本格的に新しく「楽」というチームが誕生しました!こちらではLAKUと呼びます。
              これは基本的には私といつもこちらにも登場していただいている料理人さんとのデュオです。
              その周りには色々なサポートをしてくれている人たちがいます。芯は私たち二人、そしてその時々に取り巻く人たちがいるからこそ成り立つチームなのです。

              「楽」の基本は今まで通り、現在の時点ではケータリング。
              実は先日のスペインバルでのイベントが本格的な皮切りでした。

              これからは寿司だけでなく、純和食なものをどんどんポルトガルの人たちに紹介し、伝えていきます。現在のポルトガルはなんちゃって和食にヨーロッパのスタイルを交えたフュージョンチックな寿司や和食が主流です。そういうものが結局はこちらの人が好きだから、と思った時期もあったのですが、きちんとした和食の味付けのものを紹介しているうちに、実は知らなかっただけで皆好きなんだ、ということがわかったのもとても嬉しい経過。

              今週末は、「楽」で初めてのワークショップを行いました。
              生徒さんたちは初めて寿司を作るという、食べ物に興味津々なポルトガル人男性4人!
              あくまでもこちらの普通の市場で購入できて、家庭にあるもので作りましょう、というのがテーマなので、それを踏まえながらのレッスンです。

              色んな胡瓜の切り方を紹介したり、魚のさばき方や選び方も説明します。
              それからご飯の炊き方も。



              今回の生徒さんたちはとても熱心で、渡した資料にも自分たちで事細かくポイントを書き込みまくり。



              いよいよ実践!



              見ているのとやってみるのは違うのよねー。
              シャリが手に付きすぎて皆悪戦苦闘!
              水が入ったボウルを差し出すと、「それは素晴らしいアイディアだ!」と変なところで感動して皆で一斉に洗っておりました(笑)。



              とても気さくでオープンで素敵な生徒さんでした。
              また来週もお願いします♪




              | 1/1PAGES |

              PR

              calendar

              S M T W T F S
               123456
              78910111213
              14151617181920
              21222324252627
              28293031   
              << May 2017 >>

              twitter

              selected entries

              categories

              archives

              recent comment

              recommend

              links

              profile

              search this site.

              others

              mobile

              qrcode

              powered

              無料ブログ作成サービス JUGEM