スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2015.06.22 Monday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    Festa do Japão em Lisboa

    0
       この土曜日は、毎年行われる、日本大使館主催のFesta do Japão em Lisboa,日本祭りの日でした。この時期になると、4、5年前に私たちが友人同士と「縁日やろう!」と始めた、元々の日本祭りのことを思い出します。自分たちの力だけで行ったイベントは本当に大変で、始めての事だから、そんなにお客さんも来ないかな、と思っていたら、当日すごい行列と人で混乱状態、食べ物も飲み物も間に合わなくて大変だったことは、今でもたまに話にのぼります。

      それが今は大使館主催になり、リスボン市のお祭りの一環となり、場所も変わり、規模もすごく大きくなり、私たちは当日だけ屋台で参加。もちろん動員数も毎年増えていて、コスプレの人たちの数もすごい。

      今年は毎年恒例のたこ焼きと、それに加えて角煮バーガーを出しました。



      今年も雄一氏が店のデコレーションやメニューをわかりやすく作ってくれました!

      やはりすごい行列だったけど、去年より少し落ち着いていたかな?




      この祭りが行われる時まで、「日本=コスプレ」で、こんなにコスプレの人たちがたくさんいるって知りませんでした。

      暑かったから、たこ焼き組はすごいハード!



      たくさんの方たちから声をかけていただいたり、長い行列に並んで買って頂いたりで、感謝です。楽しい1日となりました!



      二つのランキングに参加しています。よかったら、こちらを一つずつクリックで応援を宜しくお願いします!


      カルピス酎ハイ、あります☆

      0
         先週末は、聖アントニオ祭でした。前夜祭の夜と当日のお昼はお休みさせて頂きましたが、辺りの賑わいはものすごかった。私の住むグラッサ地区も、今までにないくらいの出店が出ていたので、今年はさらにパワーアップだったのかな。観光客も年々増えているという事でしょうか。

        ところでここ数週間は、正直に言うと、心が折れそうなトラブル続き。前に進まねばいけないとわかっていても、心がなかなか付いて行かない、ていう日々が続きました。でも、こういう時こそ持つべきは、仲間と応援してくださる周りの皆様!チームの皆に「障害は乗り越えるもの。ここをクリアーして、この先もっと大変なことがあった時に対応できるようになっておかないと!」ととても前向きな台詞をもらい、周りの応援してくださる方々も動いてくださったり、涙が出そうになりました。感謝の気持ちで一杯です。

        気持ちを入れ替えて、、

        先週からカルピス始めました! カルピス、こちらに住む私たちにはとても懐かしい味。ミントとソーダでカルピスソーダです。そして、カルピス酎ハイもあります☆


        こちらでどういう反応かな?と思いましたが、なかなか好調な滑り出し。地元の皆さんも好きみたい☆

        今オーガニックの市場では、野菜やフルーツの顔ぶれが夏に替わりだしました。今どこでも溢れるように出ているのは、ベリー類。値段もだいぶお手頃になった!というわけで、ベリーのケーキを作りました。中は抹茶シフォンです。



        少し前に、昔に一度雑誌の撮影で出会っていた写真かのラファエルと偶然再開し、今彼が行っている、昔のカメラをそのまま使って店を撮影する、という試みを行いました。これ、面白かった!皆で7秒くらいジッとして撮影に臨みます。


        こういう感じで写ると店もほんと昔の店みたいに見えるんですねー。人も今の時代の人じゃないみたいで面白い。光の調節なんてできなくて、太陽の陽だけを頼りに行うので、時間や構図など難しくて、何回もやりなおしましたが、面白い体験だった!

        ではでは、来週末は、いよいよジャパン フェスタです。20日土曜日はBelemにある日本庭園で16時から日本祭り。Tasca Komeは屋台でたこ焼きと角煮サンド出します!リスボンにいらっしゃる皆さん、そちらでお会いしましょう〜。




        二つのランキングに参加しています。よかったら、こちらを一つずつクリックで応援を宜しくお願いします!


        スペイン、ガリシア地方へ

        0
           いよいよ聖アントニオ祭の日が近づいてきましたね!街はお祭りがあちこちで始まっています。観光客も増えているし、あちこちから音楽が聞こえてくるし、すでに私の通勤路は少し混乱状態。実は、うちもお祭りの日、12日の夜の営業はお休みさせて頂きます。

          さて、社員旅行日記第2回目。

          チチ、チチ、ピーという小鳥の歌声とともに起きて外を見るとこの景色!




          ああ、こころからリフレッスできる空気。こういうのが必要だったんだ!
          緑が深いというのは本当に癒される。


          この日はヴァスコがぜひ連れて行きたい、というレストランがあるそうで、そこにまず案内してもらうことに。この週末のためにそれはもう盛りだくさんの予定を色々考えてくれていたようで感動。

          このレストランというのがあるのは、なんとスペイン!そう、スペインまでもけっこうすぐに行けちゃう距離なのです。ヴァスコがガリシア地方では一番好きだという、ミーニョ河を挟んだその向こう岸にあるレストランの名前は、O Lagar em EirasここもAphrosのワインを扱っています。その他にも、スペインのオーガニックワインの先駆者である、Barranco Oscuroの生産者、マヌエルもこのレストランだけには直接手渡しでわざわざワインを持って行くという。いったいどのような料理を出す店なのか、楽しみでしょうがない。

          着いたその場所は、緑豊かで本当に美しい場所。なんと、休日だったのに、私たちのためだけに店を開けてくれていました!

          シェフの名前はミゲール、そして厨房で一緒にもう20年以上一緒に働いているという女性たちも紹介してもらい、厨房も見せて頂く。大きくて羨ましい。素朴で優しくて、素敵な人たち。田舎の素朴な料理が出てきそうなそのレストランの厨房には、低温調理器など、なかなか新しいものも置いてある。


          いよいよランチ。まずは小エビから。新鮮で美味しい!卵がたくさんついている。もちろんワインはAphros。


          その後出て来たこのスープがまた絶品。エンドウ豆のスープ、温玉乗せ、カリカリになるまで調理されているベーコン。豆の味が直球


          それから、八つ目ウナギのエスカベッシュや、ウニのクレープ(この店の看板商品でもあるらしい)がこれまた素晴らしいハーモニー。

          この時点ですでにとても感動していたのですが、最後に出て来たこの一品は本当に素晴らしくて、心を揺さぶられ、頂いたときに目が熱くなりました。とにかく素材の味がそのまま生きていて、塩梅がちょうど良くて、様々な仕事がきちんとされていて、真心がこもっている一品。ガリシア地方の鶏の煮込みとリゾット。こういう料理をずっと食べたいと思っていただんだなぁ、て心から思いました。


          スペインのオーガニックワイン、El Pino Rojoも頂きました。素晴らしかったです。アルコール度は強めだけど、そんなに感じない。フルーティー。香りだけで癒される。ポルトガルでも手に入らないのかしら?

          シェフのミゲールに料理の感動を伝えても「素材に感謝」ととても謙虚。
          最後はドリップコーヒーを入れてくれました。ああ、日本の喫茶店の味!癒される。(こちらはエスプレッソが主流なので。)うちの母も毎日手で入れてくれていた、なんていう話もしました。


          この時、これもうちで仕入れているオーガニック白ワイン、Auratus ( quinta do fital)の生産は、Marcialともテーブルをともにできて光栄。やっぱり生産者の方達の顔を見て話す、というのはとても大切なことだなぁと感じました。

          また近いうちに行けますように!



          食事の後はいったんポルトガル側に戻り、山の中の川のそばでリラックスタイム。それぞれ物思いに耽ったり、川遊びしたり、、。このあたりの水がまた本当に奇麗で透明度高くて、いくら眺めていても飽きない。


          夜は、私たち日本人は温泉が好きだということを知ったヴァスコが連れて行ってくれたのが、これまたスペインサイドの山の中にある温泉!ここ、公衆なので、無料です。そして、水着着て入ります。かなり知られていない場所なのか、夜だったからか、人がとても少なくて、温度がまたちょうどよくて最高。隣には冷たい川が流れているので、火照ったら川で体を冷やしてまた温泉へ。疲れが心から取れていく。こんなところ、ポルトガルにもあれば毎週行くのに!


          というわけで、2日目はガリシア地方を知る旅の1日でした。緑が豊かで人が優しくて、新鮮で美味しい食材とお料理がたくさんあって、本当にいい場所。「北に行ったらもう住み着いてしまいたくなるよ」と友人に言われていたけど、ほんとそうだな。年に1度は訪れれたらいいな、と思います。

          これで社員旅行の日記はおしまい。こんなに素晴らしい週末に招待してくれたヴァスコに心から感謝して、気持ちもリフレッシュして、スタッフ一同ますます頑張っております!


          二つのランキングに参加しています。よかったら、こちらを一つずつクリックで応援を宜しくお願いします!


          オーガニックワインの生産地へ

          0
            ずっとブログをお休みしておりました。心配してメールを頂いたりして、本当にありがとうございます。

            人が足りなかったり、大量の事務仕事が間に合わなかったり、社員旅行行ったりでなかなかゆっくりとブログを書く心の余裕が取れずでしたが、今回の「グッと地球便」での取材を受け、たくさんの方がこちらのブログに訪れて頂いていることを知り、「これでは駄目だ!」と思った次第です。

            番組でもご覧になって頂いた通り、皆元気にしております!といっても私たちはまだ番組を見れていないので、どんな風に編集されているのか、まだドキドキです。

            あまりに時間が空いたので何から書いたら良いのか、、。
            そう、社員旅行に行きました!

            場所はポルトガル北部のブラガからさらに北へ行ったPonte de Limaの近くの小さな村、Arcos de Valdevez。ここは、私たちが店でお出ししているオーガニックワイン、Aphrosの生産地。生産者代表のヴァスコが私たちを招待してくれたのです。

            北部の緑あふれる地に行くのも、ワイナリーを見れるのも、どうやって作っているのか勉強するのもとても楽しみ! 当日はレンタカーで約3時間半かけて。

            出発!




            張り切って、おにぎりやハンバーガーも作って行きましたよ。サービスステーションで休憩。



            着いたその場所は、本当に素敵。内部だからけっこう暑い。緑が豊かで目にしみる。




            昔ながらの方法で作っていた壷がある部屋



            ぶどう畑



            裏は山になっていて、探検できる。ヴァスコはここで子供たちをサマーキャンプを企画したり、馬を飼っていたり、色々楽しいことをたくさんしているそう。それは色んな種類のハーブや植物がそこら中にあって、毎朝ここにあしらいなど取れに来れたらどんなにいいだろう!と思いました。



            ここでずっと料理人として働いているルールデスおばちゃんの美味しいご飯もたくさん頂きました!
            もちろんAphrosのワインと一緒に☆

             今年のエスプマンテは特別美味しい。まだ出荷始めていないそうだけど、始まったらぜひ仕入れるつもりです!

            夕方に訪れた、近くの一番大きな街、Ponde Lima。ここは夏は観光客で賑わうそう。美しい川と旧市街地




            写真旅行日記、第一弾はここまで!


            二つのランキングに参加しています。よかったら、こちらを一つずつクリックで応援を宜しくお願いします!


            アソーレス諸島の魚とイカ

            0
               しとしと雨の週末、週明けです。週半ばから晴れるみたいだけど、また寒くなるみたい。

              昨日はうちの愛犬、みかんのお誕生日でした!もう2歳。人間で言ったら大人。店のMちゃんがとっても可愛い赤いニットをプレゼントしてくれて、もう頂いてから帰って着せてみるのが本当に楽しみでした☆ いつも散歩していたら、地元の色んな人たちから「寒いのに可哀想に。。何か着せてあげなさい」て言われていたのです。やっぱり本当は普段から着せるべきなのかな?


              ちょっとざっくりなタートルネックな感じで、大人のみかん。お腹の部分はボーダーです。サイズピッタリ!本人も全然嫌がらず、ご機嫌さんで着ています♪ 親ばかで、「わぁ、可愛い!可愛いねぇ。」とずっと騒いでおりました。ありがとう!!

              さて、先週の始めは、こんなに大きな魚とイカがアソーレス諸島から届きました。


              Lírio (はまち)とイカ。鮮度抜群。イカはとても甘くて、はまちは歯ごたえがコリッとしていて美味しい!

              はまちはなんと、10キロ!この歯ごたえや鮮度を生かして、お昼の定食として、しゃぶしゃぶにしてご提案。おろしポン酢を添えてお出ししました。とてもご好評をいただきました!


              なす田楽ときのこのバター醤油焼きも添えて。


              お肉は久しぶりの鶏の唐揚げなど。



              漬け丼などもありますが、ご飯じゃなくてサラダに漬けを乗せて欲しいという常連のお客様などもおりまして、こういうのもたまにお出ししております。



              土曜日のまかない


              テーブルに料理やお皿が乗り切らなくて、カウンターに菜っ葉ご飯のおにぎりなども置いております(笑)

              1週間前に市場で購入したお花ですが、これまでの中で一番この場所とこの花瓶に合っているのではないかなぁ、と日々花が開いて色が鮮やかになるのを見とれておりました。個人的にもとても好みです。



              今日はうちのキッチンスタッフの強い希望で、店のスペースをちょっと貸して、英語教室が行われます。早く話せるようになって、お客さんとたくさん話してね!




              二つのランキングに参加しています。よかったら、こちらを一つずつクリックで応援を宜しくお願いします!


              庭のお手入れ、大量みかん

              0
                 晴れの気持ちのいい月曜日。気温も少しずつ上がってきたみたいです。

                この日曜日は、先週から決めていた、庭の手入れをしました。
                店を始めてからすっかり放置してジャングルのようになっていたうちの庭。これはいけない、と思いながらも体力的にも時間的にも余裕がなくてできない〜、と思っていたその矢先、近所のおじさんが、「オレンジの木を切らないと駄目だよ!今度の日曜日切りに行くからね!」と声をかけてくれ、ついに実行されたのです!

                この近所のおじさんは、かつて、私たちが引っ越してくる何年も前に、お手伝いでうちの庭に木を植えたりした人。だから思い入れもあるみたい。かつては農業もやっていたし、木についての勉強もしていたから、色々詳しいのです。


                「こんな風に先の方だけ切っても駄目だよ!これはこの根っこの方から切らないと!」などと、自前のハサミとうちののこぎりで、すごい勢いでどんどん切り始めるおじさん。始めはこういう感じのオレンジの木も、、。


                どんどん切る!おじさんのパワーがすごい。ぶどうも木もかなり大胆に裁断。これくらい切らないと駄目なんだ。

                そして、


                こんなにさっぱり!その間雄一氏は芝刈り、私はどんどん切られる木についたオレンジを袋に入れたり、ひたすらほうきで掃除したり。やっぱりさっぱり奇麗になった庭というのは気持ちのいいものです。これからどんどんハーブなど植えるぞ!

                店のほうですが、また一つ、雄一氏の作品が加わりました。
                それはこれ!



                これは何でしょう?
                実は、常にマイナス60度を保つ、うちの大切な急速冷凍庫です。スペースがなくてホールにまで出ていたこの冷凍庫。ずっと気になっていたのだけど、雄一氏が時間をかけて、細かく採寸して、木を買って来て裁断、組み立て、何度も色付けし味があり、かつ店の雰囲気にとけ込む色合いにし、ついに店にやって来たのです!こんなにかっこいい冷凍庫になっちゃいました☆


                それから、うちの一番の新入りのたこ焼き担当キッチンスタッフ、ヴィトールが、実は口だけじゃなくて、本当に立派にモデルをやっていたことが判明した件。

                写真を見せてくれ、びっくり。

                今は、もっと細身で、「もっと筋肉つけないと!」と思いついたように卵の白身だけ食べたり、鶏の胸肉を食べたりしていたけど、2日目にはもう「やっぱり大変だから、週末だけ家でやることにする」と、1日しか持たなかった彼のダイエット(笑)



                お品書きの紹介としましては、

                夏は冷たい鯵の南蛮漬けを常に用意しておりましたが、冬は揚げたてにじゅっと甘酢をかける、鯵の甘酢あんに変わっております。


                時々お昼の定食にもなっております!南蛮漬けはポルトガルにもエスカベシュという名前であるお料理なので、なじみ深い一品。こちらでは醤油は使わないけどね。

                それから、かつバーガーや照り焼きハンバーガーもご好評をいただいておりますが、パンではなく、ごはんと食べたい!という方は、お気軽に声をおかけください。ごはんに変えられます☆


                その場合付け合わせはサラダとその他2種付きます。この日はベビーキャロットのオーブン焼きと、蒸しベビーカリフラワーの胡麻ソース。野菜は栄養を逃がさないよう、基本、オーブン焼きか、蒸しております。


                土曜日のまかない!


                焼き肉、きずし、さつま揚げ、なすの揚げ浸し、etc。いつもサービスの子たちがお茶を入れてくれるのですが、今日は何茶が出てくるのか、密かな楽しみ。緑茶、ジャスミン茶、ウーロン茶、麦茶、などなどバラエテぃに富んでおります。

                さて、これから買い出しと仕込みです!



                二つのランキングに参加しています。よかったら、こちらを一つずつクリックで応援を宜しくお願いします!


                選ばれました!

                0
                   雨の日曜日のリスボンです。週の終わりくらいから降り出して、昨夜はちょうど営業が終わり、スタッフ全員がうちに帰る頃に急に雨が激しくなり、きっと皆家に着く頃にはびしょぬれになったんじゃないかしら。。

                  実は、先週、大阪の実家でずっと飼っていた猫、ナナンが亡くなったという知らせを家族から聞き、悲しい気持ちの週の始まりでした。でも、ナナンは20歳まで生きたのだから、大往生。20年間も私たち家族を幸せにしてくれて、たくさんの素敵な思い出を残してくれて、本当にありがとう!という感謝の気持ちでいっぱいです。

                  年が明けてからの店ですが、静かな日も時々ありますが、1月にしては忙しく営業させて頂いております。

                  びっくりなニュースの一つとしては、Time Out誌のが最近発行したリスボンのレストランガイドで、2015年のトップ20店の一つとして取り上げて頂けた事!オープンして間もないうちの店が?!と不思議な気持ちとありがたい気持ちが混じっております。




                  さて、雄一氏の手により、店内は引き続き少しずつ色づけされていっております。
                  最近店に取り付けられたのはこれ!


                  入ってすぐの入り口のところに。ポルトガルのアンティークの昔ながらの電灯ですが、日本の行灯にも雰囲気が似ていて素敵。ポルトガルの人にとっても日本の人にとってもほっとする、何か共通するものがある灯り。

                  そして、これも入り口に!


                  手作りメニュー!これもアンティークのスーツ掛けを利用して。
                  ここに毎日のお昼の定食メニューが貼られたり、アラカルトメニューが書いてあったりします。これも店に雰囲気にぴったりと合っていて素敵!すごく凝ってる。

                  お料理ですが、写真を撮ったのはこんな感じのものたち。


                  人気を頂いている鮭の西京焼定食。この隣の無農薬のベビーキャロットのオーブン焼きも、すごく甘くて美味しいです。ブロッコリーはおひたしで。


                  牛すじ赤ワイン味噌煮込み。温泉卵をお好みで。柔らかくてトロトロです。冬の根菜も入っていて、寒い日にぴったり。



                  イカと野菜のかき揚げ定食。きんぴらさんと、里芋の蒸したのを田楽味噌で。

                  お昼は常にありますが、夜も時々お品書きに登場するのはこれ!


                  漬けちらし丼。色んなお魚が漬けになっております。宝石箱みたいで奇麗です。

                  先週はなぜか、急にうちのカレーがブレイクしました!毎日チキンカレーやカツカレーの注文殺到。テイクアウトまで。



                  やっぱりこの自家製カレーはやみつきになる味。リピート率高し!


                  このような感じでした。

                  このブログをお読みいただき、リスボンに来られた際に当店までおいでいただいたお客様もいらして嬉しい週でもありました☆ ありがとうございます!

                  休みの日は、久しぶりにいつもの近所の炭火焼の店へ。いつもの美味しいタコの焼いたの。


                  でも、どうやらこの店は他の国の人にオーナーが変わったらしい。。自分たちも外国人だから全然人のことを言えないのですが、やっぱりいつもの昔ながらの食堂の経営者がポルトガル人でなくなるというのは、複雑な気持ちです。

                  今週は、アソーレス諸島から新鮮な魚たちが届く!楽しみです。



                  二つのランキングに参加しています。よかったら、こちらを一つずつクリックで応援を宜しくお願いします!


                  新年

                  0
                     あっという間に年が明けてしまいました。
                    とても慌ただしい年末年始だったので、前回ブログを書いたのがけっこう前な感じがします。

                    去年の4月、リスボンに日本食レストラン、Tasca Komeをオープンさせ、本当にわけのわからないまま、全てが新しいことばかりでここまでやってきました。店のスタッフの皆も本当に頑張ってくれ、いつも感謝しています。まだまだプロではないところがたくさんありますが、これからも日々勉強で、精進して参ります。

                    また、Tasca Komeを生活の一部として使って頂いている常連のお客様たちには本当に嬉しくてありがたい気持ちでいっぱいですし、海外からいらした際にわざわざ立ち寄って頂いたり、時々顔を見にお越しいただくお客様にも感謝の気持ちでいっぱいです。

                    さて、私たちの年越しは、大晦日のお昼で営業を終え、その後は大掃除。そして雄一氏がなんとそばを打ってくれました!


                    こちらの蕎麦粉を使ったので香りはあまり強くなかったですが、とても美味しかったです。

                    それから友人カップルと4月25日橋に花火の鑑賞に行きました。これがまぁまぁスリル満点!普段橋に行って車から降りるなんてことは絶対に出来ないのですが、この日だけは、花火を見ようと夜中12時に合わせて車を橋に停める人がたくさん。


                    あちこちの方向から奇麗な花火が見れました!



                    新年は、2日から営業です。
                    2日は、特別に鮭粕汁をご提供しました。
                    お酒の香りが残るこの粕汁、こちらの方にはどうかしら?とドキドキ。皆さんとても美味しいと喜んで完食していただけました!


                    ここにうどんを入れていただいた酒粕汁うどんのまかないは美味しかった〜。。しみじみあったかくてクリーミー。

                    まかないと言えば、毎週土曜日恒例のスタッフによる賄い作り。
                    今週末は、洗い場のローザ。
                    彼女が作ってくれたのは、ベーコンとズッキーニのオムレツと、オリーブのパスタ


                    美味しかったです!
                    まかないって、献立から材料を揃えたり、段取り、作る行程など、それぞれの個性が出ていて面白いです。皆は「ネットで見つけてきたのを作っているだけ」て思っているかもしれないけど、それぞれ全然違います。

                    それでは、

                    本年も、Tasca Komeと共に、どうぞ宜しくお願い致します!



                    二つのランキングに参加しています。よかったら、こちらを一つずつクリックで応援を宜しくお願いします!


                    クリスマスの過ごし方とおでん

                    0
                      クリスマスが終わり、せわしない年末となりました。

                      クリスマス25日はお休みを頂いておりましたが、1日店で私は仕込み、雄一氏は店の小さな工事をして過ごしました。ポルトガルの友人のお宅に招待されてお邪魔したりする年もあり、それはそれでのんびり楽しいけど、店でやりたかった事をゆっくりのペースでやるクリスマスもいいものです。

                      夜はスタッフのむつみさんを招待して、毎年恒例の鴨とリンゴのオーブン焼きとホットワイン。鴨はポーランド人の友人のお母さんのクリスマスレシピ。ホットワインはリスボンで一番美味しいカクテルバーの秘伝のレシピ。むつみさん手作りのパォン・デ・ケージョも。3時間焼いているから外はパリッと、中はホロホロです。



                      クリスマス前日は、店のスタッフ皆でプレゼント交換しました!提案したのはキッチンの男子2人(笑)皆当日まで誰にもらえるのかはわからないので、ドキドキ。
                      用意されたとんがり帽子や赤鼻をつけて、賄いの後に開始!この格好で黙々とまかない食べているところにたまたま入って来たお客様は、この光景見て固まっていました


                      下の写真は、食べ終わって皆いそいそとそれぞれ用意したプレゼントを取りに行って、テーブルに置いている様子

                      私は寿司シェフ、ルイの奥さんであり、雄一氏のアシスタントでもあるアンジェラから美味しいオリーブオイルと魚の缶詰を頂きました!プレゼント交換の時間、楽しかったー☆

                      さて、クリスマスも明けて、もう働いている人も少ないだろうし、海外に旅行に行っている人も多いだろうし、ゆっくりな営業なのかなぁ、などと思って再開したTasca Kome。ところが、あまりの混雑にスタッフ一同びっくり!そうか、今逆にポルトガルに旅行に来られている方もたくさんいらっしゃるのだ。

                      特に日本からのたくさんのお客様にご来店いただき、とても嬉しい週末でした。「ここは日本?」と思うほどの時間も!
                      そんな週に初登場したのは、おでん!


                      クリスマスの日に仕込んで味が染みております。厚揚げも作りました。美味しい自家製さつま揚げも入っています。

                      お肉の定食としましては、角煮定食。ご予約の特別メニューでミニ角煮丼もお出ししました。



                      まかないは、こんなの作ってみた日があります。


                      赤ワインと赤味噌の牛筋煮込み、温玉乗せ。冬の根菜も一緒に。いわゆる大阪の土手焼きかな?

                      そして、今日の休日は、これ作りました


                      マーマレード。今うちの庭のオレンジが豊作でして、色んな種類のみかんやオレンジを混ぜて作りました。とっても美味しいです!これでもまだまだオレンジ有り余っているので、店に持って行ってスタッフに持って帰ってもらったり、食べてもらったりしております。
                      このマーマレードは、うちの定番のオレンジパウンドケーキ用。今から少しずつ1年分ストックしておかねば!

                      それでは皆様、よいお年を〜!



                      二つのランキングに参加しています。よかったら、こちらを一つずつクリックで応援を宜しくお願いします!


                      もうすぐクリスマス

                      0
                         気がついたらもうクリスマスはすぐそこ!
                        街中がプレゼント探しで焦っている人たちでいっぱいです。

                        私といえば、今週末は、クリスマスランチや色々で、買い出しと仕込みで連日の休日出勤。でも、24日はお昼までの営業、25日はクリスマスで店はお休みを頂くことになっているので、全然頑張れる!

                        先週書いた、依頼してやっと出来上がったあのカレー皿、早速使っています!やっぱりいい感じです。お皿に入れてもテーブルに着くまで暖かいままで、深さもあって、食べやすくなったのではないでしょうか。

                        コロッケカレーに、


                        チキンカレー。

                        今週の土曜日のまかない当番は雄一氏。やっぱり大阪のご飯という事で、これでした!


                        鉄板も、ある方の心優しいお手伝いで、大阪からはるばるやって来たもの。
                        あ、端っこに見えているパソコンは、やっぱり正確に作る為に、必需品のようです!

                        今日も美味しかったー☆

                        「お好み焼きにはやっぱり白いご飯合わせて食べなあかん!」とご飯も一緒にテーブルに出しておりましたが、結局関東組は、そんな意見を「信じられない、、」という冷ややかな目で流してお好み焼きだけで食し、ポルトガル組も「いや、ご飯は大丈夫です」と手をつけず、結局雄一氏だけがご飯と一緒に食べておりました。あ、私もお腹いっぱいで、ご飯は食べれませんでした!

                        今日仕込み中に、「ちょっとだけコメルシオ広場に行けない?」と雄一氏に誘われて、休憩がてら行ってみたら、こんなショーがちょうど始まった!


                        コメルシオ広場で定期的にやっているこの光のショー。今回はクリスマスバージョンでした。
                        始めはちょっと怖い感じだったけど、


                        途中からは、子供たちの夢を叶えてあげるというお話で、ポップな感じに変わりました。


                        路面電車の運転手から、宇宙飛行士になって月に行ったり、バレリーナになったり、画家になったり、水兵さんになったり、色んな子供たちの夢が次々と叶って行くお話。

                        見応えはあったけど、今回より、前の歴史物の方が何倍も良かったなぁ、、という感想です。

                        *お知らせ*
                        Tasca Komeは、24日クリスマスイブはお昼15時までの営業、25日はお休みをいただきます。また、31日もお昼15時までの営業、1日はお休みをいただきます。ご了承くださいませ。

                        それでは皆様、よいクリスマスを!


                        二つのランキングに参加しています。よかったら、こちらを一つずつクリックで応援を宜しくお願いします!


                        | 1/7PAGES | >>

                        PR

                        calendar

                        S M T W T F S
                           1234
                        567891011
                        12131415161718
                        19202122232425
                        2627282930  
                        << November 2017 >>

                        twitter

                        selected entries

                        categories

                        archives

                        recent comment

                        recommend

                        links

                        profile

                        search this site.

                        others

                        mobile

                        qrcode

                        powered

                        無料ブログ作成サービス JUGEM